【中学歴史/一問一答】鎌倉時代の重要語句を確認!

中学社会の歴史で学習する

『鎌倉時代』

についての問題に挑戦してみましょう!

 

問題の下にある答えをタップしてもらうと正解を確認することができるよ(^^)

スポンサーリンク

鎌倉時代の一問一答!

源義経が平氏を滅ぼした戦いを何というか。
答えはこちら
壇ノ浦の戦い

壇ノ浦は現在の山口県下関市にある海岸。敗れた平家一族とともに安徳天皇が海に入水(じゅすい)しました。

 

鎌倉に幕府を開き、朝廷から征夷大将軍に任命された人物は誰か。
答えはこちら
源頼朝

源頼朝が征夷大将軍になったことで、武家政治が始まりました。

 

将軍と主従関係を結んだ武士は何と呼ばれていたか。
答えはこちら
御家人

将軍の御恩に対して奉公の関係を結び、大番役や警固などの役につきました。

 

国ごとにおかれ、軍事や警察の仕事にあたった役職を何というか。
答えはこちら
守護

謀反人などの逮捕を主要な任務とし、後の守護大名のもとになりました。

 

各地の荘園や公領ごとにおかれ、年貢の取り立てなどにあたらせた役職を何というか。
答えはこちら
地頭

地頭は租税の徴収の他にも、罪人の裁判を行う任務もありました。

 

鎌倉幕府で、将軍のもとに置かれ実際の政治にあたった役職を何というか。
答えはこちら
執権

実質的な政治の最高権力者で、北条時政以降、北条氏が世襲。

 

鎌倉時代に成立した、将軍と御家人における御恩と奉公という主従関係の制度を何というか。
答えはこちら
封建制度

鎌倉時代の御家人制度のもとで確立し、形を変えて江戸時代まで続きました。

 

1221年、後鳥羽上皇らが倒幕を計画し兵を挙げ、幕府の軍に敗れた。このできごとを何というか。
答えはこちら
承久の乱

鎌倉幕府と朝廷との戦い。敗れた公家勢力は衰退し、武家勢力の幕府が強大になりました。

 

承久の乱の後、朝廷の監視などを目的に京都に何が置かれたか。
答えはこちら
六波羅探題

六波羅探題の長には北条氏一門の武士が選ばれ、京都に常駐しました。

 

1232年、北条泰時によって制定された最初の武家の法律を何というか。
答えはこちら
御成敗式目(貞永式目)

51カ条からなる鎌倉幕府の基本の法律で室町時代にも継承。

 

モンゴル帝国の国号を元と改め、中国全土を支配下に置いた人物は誰か。
答えはこちら
フビライ・ハン

チンギスハンの孫に当たり、モンゴル帝国の5代皇帝として中国を統一。

 

2度にわたって、元軍が日本に襲来した。これらの出来事を何というか。
答えはこちら
元寇

文永・弘安の役とも呼ばれ、1274年と1281年の2回襲来。いずれも台風によって失敗に終わりました。

 

元寇ののち、生活が苦しくなった御家人を救おうとして鎌倉幕府が出した法令は何か。
答えはこちら
徳政令

御家人が御家人以外に売った所領を無償で取り戻せるなど御家人の救済が目的でしたが、かえって経済が混乱しました。

 

鎌倉時代に琵琶法師によって語り伝えられた、平氏の盛衰を描いた軍記物を何というか。
答えはこちら
平家物語

作者不詳の物語で、源平の争いも描いています。

 

後鳥羽上皇の命により、貴族や僧などの歌を集めてまとめられた和歌集を何というか。
答えはこちら
新古今和歌集

八代集と言われる歌集のうちの最後の和歌集で、20巻1980首が収められています。

 

鴨長明が著した随筆を何というか。
答えはこちら
方丈記

鎌倉時代初期の成立で、この時代に起こった多くの天災を描き、人生の無常さを書いた随筆。

 

運慶と快慶らによってつくられた鎌倉時代を代表する木像を何というか。
答えはこちら
金剛力士像

東大寺南大門のものが有名。寺院を守るために寺門に一対で建てられた像。

 

念仏を唱えれば誰でも救われるとする浄土宗を開いた人物は誰か。
答えはこちら
法然

鎌倉時代初期の僧で、弟子の一人に親鸞がいました。

 

法然の教えをさらにすすめた親鸞が開いた宗派を何というか。
答えはこちら
浄土真宗

一向宗とも呼ばれ、親鸞の死後は本願寺派など多くの宗派に分かれました。

 

念仏の札を配って教えを広める時宗を開いた人物は誰か。
答えはこちら
一遍

鎌倉時代中期の僧で、布教のためにお札を配って諸国を巡ったので遊行上人(ゆぎょうしょうにん)とも呼ばれています。

 

法華経の南無妙法蓮華経を唱えれば、人も国家も救われると説いた人物は誰か。
答えはこちら
日蓮

鎌倉時代中期の僧で、著書の中で蒙古襲来を予言したとされ、そのために流刑になりました。

 

座禅を行うことで自己の悟りを開く、自力本願を目指す仏教を何というか。
答えはこちら
禅宗

栄西が伝えた臨済宗と道元が伝えた曹洞宗があります。

 

こちらの記事で復習!

>準備中

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です