【中学歴史/一問一答】人類の誕生と古代文明まとめ!

中学社会の歴史で学習する

『人類の誕生と古代文明』

についての問題に挑戦してみましょう!

 

問題の下にある答えをタップしてもらうと正解を確認することができるよ(^^)

スポンサーリンク

 

人類の誕生と古代文明の一問一答!

アフリカに出現した直立歩行する最も古い人類を何というか。

答えはこちら
猿人

 

最古の人類は猿人で、原人の前の段階です。

猿人も原人も、現在の人類の直接の祖先ではありません。

 

旧石器時代から使われ、狩りや身を守るために使用された石を打ち欠いてつくった石器を何というか。

答えはこちら
打製石器

 

人類が作り出した最古の道具が打製石器で、骨角器とともに採集や狩猟で使われました。

 

新石器時代に使われるようになった、石の表面を磨いてつくられた道具を何というか。

答えはこちら
磨製石器

 

日本では縄文時代や弥生時代にみられ、

農耕の発達によって、弥生時代には石包丁も作られました。

 

エジプト文明は何という川の流域でおこったか。

答えはこちら
ナイル川

 

毎年、定期的に繰り返すナイル川の氾濫で、

水と肥沃な土がもたらされ、農耕文明が生まれたんだよ。

 

エジプト文明が栄えた地域でつくられた文字を何というか。

答えはこちら
象形文字

 

象形文字は物の形を、点や線で描いたものだけれど、

古代エジプトの象形文字はヒエログリフとも呼ばれ、ピラミッドの壁にも刻まれているんだ。

 

エジプト文明が栄えた地域でつくられた石づくりの王の墓を何というか。

答えはこちら
ピラミッド

 

古代エジプトの王は神のような存在だったので、こんな巨大な墓が作られたんだ。

 

エジプト文明では、川の氾濫の時期を知るため天文学が発達した。このときにつくられたのは、太陽暦と太陰暦のどちからか。

答えはこちら
太陽暦

 

太陽暦は1年を365日として、4年ごとに閏年(うるうどし)があり、現在では世界の中心的な暦。

 

チグリス、ユーフラテス川流域でおこった文明を何というか。

答えはこちら
メソポタミア文明

 

メソポタミアは「二つの川の間にある土地」という意味で、肥沃な三日月地帯とも呼ばれ、現在の国ではイラクにあたります。

 

メソポタミア文明で発明された、月の満ち欠けを基準とした暦を何というか。

答えはこちら
太陰暦

 

太陰暦は1年を354日とする暦で、現在でもイスラム教の国で、イスラム暦として採用されています。

 

メソポタミア文明で使用された文字を何というか。

答えはこちら
くさび形文字

 

一端が厚く一端がうすい三角形状のくさび形の文字を、

メソポタミアでは、粘土板に刻み込んでいました。

 

インダス川流域でおこった文明を何というか。

答えはこちら
インダス文明

 

アーリア人が侵入する前に起こった、インドの先住民の文明です。

 

「死者の丘」を意味する名をもつ、インダス文明の代表的な遺跡を何というか。

答えはこちら
モヘンジョ・ダロ

 

都市計画にもとづいた世界で最も古い都市遺跡で、レンガ造りの建物や排水設備もあったんだ。

現在のパキスタン南部にあります。

 

中国文明は何という川の流域でおこったか。

答えはこちら
黄河

 

中国の二大河川、長江と黄河のうち、中国文明発祥地は北側の黄河流域。

 

中国文明が栄えた地域でつくられ、のちに漢字のもととなった文字を何というか。

答えはこちら
甲骨文字

 

亀の甲羅や動物(水牛など)の骨に彫られた中国最古の文字。

 

紀元前6世紀ごろ、孔子が説いた新しい思想を何というか。

答えはこちら
儒教

 

孔子の教えである儒教は、道教とともに、現在でも中国の代表的な宗教思想になっているんだ。

 

紀元前3世紀に中国を統一した皇帝はだれか。

答えはこちら
始皇帝

 

中国で最初の統一国家「秦」を築いた人物で、自ら皇帝と称したんだ。

 

秦が北方の遊牧民族の侵入を防ぐために建設した城壁を何というか。

答えはこちら
万里の長城

 

秦の始皇帝がそれまであったものを、大増築して連続させ、長大な城になったんだ。

それだけ、北方遊牧民族である匈奴(きょうど)を恐れていたわけなんだ。

 

中国で漢が栄えていた時代、中国とヨーロッパを結んだ交易路を何というか。

答えはこちら
シルクロード(絹の道)

 

中央アジアのオアシスを結ぶルートで、

中国からは絹(シルク)の他に陶磁器などが運ばれ、

ヨーロッパからは宝石や銀製品、ガラス製品が運ばれました。

 

こちらの記事で復習!

【中学歴史】文明の発達まとめ!それぞれの特徴は?

 

スポンサーリンク



社会の勉強が苦手だ!

とにかく覚えられない。

参考書を読んでいても頭に入ってこないんだよ!


 

こんな悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか。

私はめちゃくちゃ社会が苦手なので

こういった悩みにすっごく共感できます(^^;)
 

参考書に載っている用語を覚えなくちゃいけない。

それは理解しているんだけど…

山の名前、国の名前、偉人の名前…

参考書を眺めていても、想像力が働かなくて

ただの文字としてしか頭に入ってきません。
 

これでは、ただの暗記であって

知識にはなっていないのです。
 

にもかかわらず、ほとんどの社会の参考書は

大事なポイントが文字でまとめてあるばかり。

社会が苦手な人にとっては、マジ苦痛ですよねw
 

と、まぁ

参考書を眺めてばかりで

一向に理解が深まらなかった私は

社会の学習を半ば諦めていました。

 

しかし

ちょっと学習する方向性を変えてみました。

すると!

楽しいくらいに理解が深まるようになってきました。

参考書では学ぶことができなかった

深い部分までの理解、そして知識のつながりが

頭の中にすっと入ってくるようになったのです。

 
理解が深まってくると、学ぶ意欲も高まり

どんどんと積極的に社会を学ぶようになりました。

こうなってくると、参考書に書いてあった

今まではただの文字としてしか認識できなかった情報も

サクサクと理解できるようになってきました。

まさに相乗効果!って感じですね(^^)

 
さて!

私は、参考書を解きまくるという学習方法から

新しい学習方法に切り替えたことで結果が出始めたわけですが

その新しい学習方法とは…??

 

社会を聴く!!

 

という学習方法です。

こちらのスタディサプリという学習コンテンツを利用して

社会の授業を聴くことにしました。

スタディサプリとは


 
プロの社会講師が授業をしているので

話が面白い!!

雑学的な感じで、いろんな知識を話してくれるので

どんどんと興味がわいてきて

知識欲が深まってきます。

 
その結果

社会の知識が身についてくるし

社会のことが好きになってきます(^^)


この状態にまでなると

あとは、いろんな参考書を

1人で読んでいても勉強が苦ではありません。

 

  社会が苦手だ…

どうしても覚えられない…

でも、なんとかしないといけない…

そんな悩みを抱えている方がおられましたら

私が社会を好きになるきっかけをくれた

スタディサプリを試してみるといいですよ!
 
今なら14日間の無料体験ができるようですので

まずは、社会を聴く!の効果をお試しください(^^)

スタディサプリの詳細はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です