【中学歴史/一問一答】ヨーロッパの近代革命の重要語句を確認!

中学社会の歴史で学習する

『ヨーロッパの近代革命』

についての問題に挑戦してみましょう!

 

問題の下にある答えをタップしてもらうと正解を確認することができるよ(^^)

スポンサーリンク

ヨーロッパの近代革命一問一答!

16~18世紀、ヨーロッパ諸国の国王が官僚制度や軍隊を整えて行った専制政治を何というか。
答えはこちら
絶対王政(専制政治)

絶対主義とも呼ばれ、イギリスのエリザベス1世やフランスのルイ14世が有名。

 

17世紀後半から約100年の間に、ヨーロッパで市民を中心におきた、自由で平等な社会の実現を目指した革命を何というか。
答えはこちら
市民革命

市民階級が中心になって絶対王政を倒した革命。イギリスの名誉革命やフランス革命などがあり、近代国家が誕生しました。

 

イギリスからの独立をめざすアメリカの人々が、1776年に発表した宣言を何というか。
答えはこちら
独立宣言

13州がイギリスからの独立を宣言した文書で、採択された7月4日がアメリカ合衆国の独立記念日になっています。

 

1789年、パリの民衆が国王の圧政に反対して立ち上がり、全国に広がった革命を何というか。
答えはこちら
フランス革命

革命の結果、王権が停止されて共和制に移行。この革命によりルイ16世は処刑されました。

 

フランス革命の際に発表された、自由・平等などを明らかにした宣言文を何というか。
答えはこちら
人権宣言

17条からなり、人間は生まれながら法の下で平等であることや主権在民などをうたっています。

 

「社会契約論」を著したフランスの思想家は誰か。
答えはこちら
ルソー

「社会契約論」では人民主権による共和制を主張して、フランス革命に大きな影響を与えました。

 

「法の精神」を著したフランスの思想家は誰か。
答えはこちら
モンテスキュー

20年をかけて著した「法の精神」の中で三権分立を唱え、アメリカ合衆国憲法やフランス革命に影響を与えました。

 

機械の発明、改良によって工業生産力が高まった産業と社会の大きな変革を何というか。
答えはこちら
産業革命

18世紀後半にイギリスではじまり、19世紀にはヨーロッパ各国に広がりました。産業革命により近代資本主義経済が確立。

 

産業革命によって生まれた、資本家が労働者を雇い利益を上げることを目的に生産活動を行う仕組みを何というか。
答えはこちら
資本主義

資本家は労働者に賃金を払って生産を行い、賃金を上回る価値のある製品を生産することによって利益を追求する仕組み。

 

資本主義を批判し、生産手段を国有化することで平等な社会を実現する思想を何というか。
答えはこちら
社会主義

資本主義における私有財産が社会の不平等を生み出すとする考えで、20世紀には資本主義の国と社会主義の国が対立しました。

 

アヘンを厳しく取り締まった清を、イギリスが海軍の圧倒的な攻撃力で屈服させた戦いを何というか。
答えはこちら
アヘン戦争

茶や絹の輸入で銀が多く清へ流出したため、インド産のアヘンの密貿易によって銀を回収しようとしたイギリスへの反発により起こった戦争。

 

アヘン戦争によって負けた清がイギリスとの間に結んだ不平等条約を何というか。
答えはこちら
南京条約

1840年から始まったアヘン戦争が終結した1842年に締結された条約。この条約によって、ホンコンがイギリスの植民地となりました。

 

19世紀半ば、貧富の差のない社会をつくろうと中国で起こった乱は何か。
答えはこちら
太平天国の乱

洪秀全を指導者とする清に対しての革命運動で、1851年に太平天国の樹立を宣言しました。

 

自由貿易や奴隷制をめぐる対立から1861年にアメリカで起こった戦争を何というか。
答えはこちら
南北戦争

奴隷制に反対するリンカンが大統領に当選したことで、奴隷制を支持する南部11州が南部連合を結成して戦争がはじまりました。

 

南北戦争で北軍を指導し、奴隷解放宣言を出した大統領は誰か。
答えはこちら
リンカン

アメリカ合衆国第16代大統領で、「人民の人民による人民のための政治」の演説は有名。

 

こちらの記事で復習!

>準備中

 

スポンサーリンク
社会の勉強が苦手だ!

とにかく覚えられない。

参考書を読んでいても頭に入ってこないんだよ!


 

こんな悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか。

私はめちゃくちゃ社会が苦手なので

こういった悩みにすっごく共感できます(^^;)
 

参考書に載っている用語を覚えなくちゃいけない。

それは理解しているんだけど…

山の名前、国の名前、偉人の名前…

参考書を眺めていても、想像力が働かなくて

ただの文字としてしか頭に入ってきません。
 

これでは、ただの暗記であって

知識にはなっていないのです。
 

にもかかわらず、ほとんどの社会の参考書は

大事なポイントが文字でまとめてあるばかり。

社会が苦手な人にとっては、マジ苦痛ですよねw
 

と、まぁ

参考書を眺めてばかりで

一向に理解が深まらなかった私は

社会の学習を半ば諦めていました。

 

しかし

ちょっと学習する方向性を変えてみました。

すると!

楽しいくらいに理解が深まるようになってきました。

参考書では学ぶことができなかった

深い部分までの理解、そして知識のつながりが

頭の中にすっと入ってくるようになったのです。

 
理解が深まってくると、学ぶ意欲も高まり

どんどんと積極的に社会を学ぶようになりました。

こうなってくると、参考書に書いてあった

今まではただの文字としてしか認識できなかった情報も

サクサクと理解できるようになってきました。

まさに相乗効果!って感じですね(^^)

 
さて!

私は、参考書を解きまくるという学習方法から

新しい学習方法に切り替えたことで結果が出始めたわけですが

その新しい学習方法とは…??

 

社会を聴く!!

 

という学習方法です。

こちらのスタディサプリという学習コンテンツを利用して

社会の授業を聴くことにしました。

スタディサプリとは


 
プロの社会講師が授業をしているので

話が面白い!!

雑学的な感じで、いろんな知識を話してくれるので

どんどんと興味がわいてきて

知識欲が深まってきます。

 
その結果

社会の知識が身についてくるし

社会のことが好きになってきます(^^)


この状態にまでなると

あとは、いろんな参考書を

1人で読んでいても勉強が苦ではありません。

 

  社会が苦手だ…

どうしても覚えられない…

でも、なんとかしないといけない…

そんな悩みを抱えている方がおられましたら

私が社会を好きになるきっかけをくれた

スタディサプリを試してみるといいですよ!
 
今なら14日間の無料体験ができるようですので

まずは、社会を聴く!の効果をお試しください(^^)

スタディサプリの詳細はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です