【中学歴史/一問一答】江戸幕府の滅亡の重要語句を確認!

中学社会の歴史で学習する

『江戸幕府の滅亡』

についての問題に挑戦してみましょう!

 

問題の下にある答えをタップしてもらうと正解を確認することができるよ(^^)

スポンサーリンク

江戸幕府の滅亡一問一答!

1853年、4隻の黒船を率いて幕府に開国を要求した人物は誰か。
答えはこちら
ペリー

現在の神奈川県にある浦賀沖に軍艦で来航し、アメリカ大統領の国書を渡して、幕府に開国を迫りました。

 

1854年、ペリーが幕府と結んだ条約を何というか。
答えはこちら
日米和親条約

神奈川条約とも呼ばれ、下田、箱館(函館)が開港された結果、鎖国が終わることになりました。

 

1858年、幕府とアメリカとの間に結ばれた通商条約を何というか。
答えはこちら
日米修好通商条約

新たに神奈川、長崎、新潟、兵庫を開港した他、不平等な内容を含んだ条約でした。

 

輸入品に、自国が自由に関税をかけることができる権利を何というか。
答えはこちら
関税自主権

日米修好通商条約では、この関税自主権が日本側にありませんでした。

 

外国人が犯罪を犯したとき、その国の領事が自国の法律で裁判をする特権を何というか。
答えはこちら
領事裁判権

日米修好通商条約では、この領事裁判権をアメリカ側に認めていました。

 

開国反対派の意見をおさえ、朝廷の許可を得ずに日米修好通商条約を結んだ人物は誰か。
答えはこちら
井伊直弼

彦根藩の藩主で1858年に大老になり、開国を主張して反対派と激しく対立。

 

井伊直弼が、反対派の人々を多数処罰した出来事を何というか。
答えはこちら
安政の大獄

反対派の吉田松陰ら100名以上を処罰や弾圧し、討幕運動が強くなる原因となりました。

 

天皇を尊び、外国人を追い払うという考え方を何というか。
答えはこちら
尊王攘夷

日米修好通商条約が結ばれたあと、外国人を追い払う攘夷(じょうい)運動が激化しました。

 

井伊直弼が暗殺された事件を何というか。
答えはこちら
桜田門外の変

1860年に、尊王攘夷派の水戸、薩摩の浪士によって江戸城桜田門の前で暗殺された事件。これにより幕府の権威が失墜しました。

 

薩長同盟の仲立ちを行った土佐藩出身の人物は誰か。
答えはこちら
坂本龍馬

大政奉還の実現にも貢献した人物。

 

1867年、徳川慶喜が政権を朝廷に返還したことを何というか。
答えはこちら
大政奉還

これにより、将軍15代にわたり260年以上も続いた江戸幕府が幕を閉じることになリました。

 

大政奉還の後、天皇を中心とする新政府成立の宣言を何というか。
答えはこちら
王政復古の大号令

明治維新に際し、鎌倉幕府以前の天皇親政の時代に復帰するという意味で王政復古という言葉が用いられました。

 

鳥羽・伏見の戦いから始まる、旧幕府軍と新政府軍との戦いを何というか。
答えはこちら
戊辰戦争

1868年から1869年にかけて行われ、他に会津戦争や最後の戦いとなった箱館戦争などが含まれます。

 

こちらの記事で復習!

>準備中

 

スポンサーリンク



社会の勉強が苦手だ!

とにかく覚えられない。

参考書を読んでいても頭に入ってこないんだよ!


 

こんな悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか。

私はめちゃくちゃ社会が苦手なので

こういった悩みにすっごく共感できます(^^;)
 

参考書に載っている用語を覚えなくちゃいけない。

それは理解しているんだけど…

山の名前、国の名前、偉人の名前…

参考書を眺めていても、想像力が働かなくて

ただの文字としてしか頭に入ってきません。
 

これでは、ただの暗記であって

知識にはなっていないのです。
 

にもかかわらず、ほとんどの社会の参考書は

大事なポイントが文字でまとめてあるばかり。

社会が苦手な人にとっては、マジ苦痛ですよねw
 

と、まぁ

参考書を眺めてばかりで

一向に理解が深まらなかった私は

社会の学習を半ば諦めていました。

 

しかし

ちょっと学習する方向性を変えてみました。

すると!

楽しいくらいに理解が深まるようになってきました。

参考書では学ぶことができなかった

深い部分までの理解、そして知識のつながりが

頭の中にすっと入ってくるようになったのです。

 
理解が深まってくると、学ぶ意欲も高まり

どんどんと積極的に社会を学ぶようになりました。

こうなってくると、参考書に書いてあった

今まではただの文字としてしか認識できなかった情報も

サクサクと理解できるようになってきました。

まさに相乗効果!って感じですね(^^)

 
さて!

私は、参考書を解きまくるという学習方法から

新しい学習方法に切り替えたことで結果が出始めたわけですが

その新しい学習方法とは…??

 

社会を聴く!!

 

という学習方法です。

こちらのスタディサプリという学習コンテンツを利用して

社会の授業を聴くことにしました。

スタディサプリとは


 
プロの社会講師が授業をしているので

話が面白い!!

雑学的な感じで、いろんな知識を話してくれるので

どんどんと興味がわいてきて

知識欲が深まってきます。

 
その結果

社会の知識が身についてくるし

社会のことが好きになってきます(^^)


この状態にまでなると

あとは、いろんな参考書を

1人で読んでいても勉強が苦ではありません。

 

  社会が苦手だ…

どうしても覚えられない…

でも、なんとかしないといけない…

そんな悩みを抱えている方がおられましたら

私が社会を好きになるきっかけをくれた

スタディサプリを試してみるといいですよ!
 
今なら14日間の無料体験ができるようですので

まずは、社会を聴く!の効果をお試しください(^^)

スタディサプリの詳細はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です