【中学地理/一問一答】関東地方の重要語句を確認!

中学社会の地理で学習する

『関東地方』

についての問題に挑戦してみましょう!

 

問題の下にある答えをタップしてもらうと正解を確認することができるよ(^^)

スポンサーリンク

関東地方の一問一答!

関東にある日本最大の平野を何というか。
答えはこちら
関東平野

実際には、川の下流の谷や海岸沿いの低地の部分と、武蔵野台地や下総台地などの台地の部分からなっています。

 

関東平野をおおっている火山灰からできた土の層を何というか。
答えはこちら
関東ローム

関東平野の台地の表面をおおっており、北部の浅間山や南部の箱根山などから噴き出した火山灰が積もっています。

 

関東にある流域面積が日本最大の川を何というか。
答えはこちら
利根川

長さも322kmと2位で、千葉県の銚子で太平洋に注ぎます。古くは東京湾に流れ込んでいましたが、江戸時代に流路の大改修が行われました。

 

千葉県にある輸出や輸入の貿易額が日本最大の空港を何というか。
答えはこちら
成田国際空港

IC(集積回路)、半導体、光学機器のような先端技術製品や医薬品など、小型で軽量な製品の貿易が行われています。

 

東京湾岸にあり、利用する空港旅客数が全国一である空港は何というか。
答えはこちら
東京国際空港(羽田空港)

1931年(昭和6年)に初の国営飛行場として開港した空港。拡張工事が進んで、現在は4本の滑走路を持つ面積でも日本最大の空港。

 

群馬県の嬬恋村では、高原野菜であるどんな野菜の栽培がさかんか。
答えはこちら
キャベツ

本来は冬~春が旬であるキャベツを夏に栽培し、東京などへ出荷します。高冷地野菜とも呼ばれます。

 

埼玉、茨城、千葉などの県で、大都市向けに農作物をつくる農業を何というか。
答えはこちら
近郊農業

市場に近いので、新鮮な野菜を鮮度を保ってすぐに出荷できるという利点があります。

 

東京、神奈川、埼玉、千葉にわたる工業地帯を何というか。
答えはこちら
京浜工業地帯

三大工業地帯の一つですが、千葉県は京葉工業地域、埼玉県は北関東工業地域として区別される場合も多い。

 

東京には情報が集中するので、これを発信するため、東京の中心にはどんな産業が集まっているか。
答えはこちら
印刷、出版業

東京には大手出版社のほとんどが集まり、新聞社や中小出版社も数多くあります。

 

東京から千葉の沿岸部にかけて広がる工業地域を何というか。
答えはこちら
京葉工業地域

石油化学コンビナートのある市原の他、鉄鋼業も発達しています。

 

茨城、栃木、群馬に広がっている工業地域を何というか。
答えはこちら
北関東工業地域

高速道路沿いに多くの工業団地が造られ、自動車工業や電気機械工業が発達しています。埼玉県を含める場合もあります。

 

都心で人口が減少し、周辺の郊外で人口が増加する現象を何というか。
答えはこちら
ドーナツ化現象

高度経済成長以降に見られるようになり、東京では周辺の埼玉、神奈川、千葉県の人口が急増しました。

 

こちらの記事で復習!

【中学地理】関東地方の要点まとめ!農業、工業の特徴は??

 

スポンサーリンク
社会の勉強が苦手だ!

とにかく覚えられない。

参考書を読んでいても頭に入ってこないんだよ!


 

こんな悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか。

私はめちゃくちゃ社会が苦手なので

こういった悩みにすっごく共感できます(^^;)
 

参考書に載っている用語を覚えなくちゃいけない。

それは理解しているんだけど…

山の名前、国の名前、偉人の名前…

参考書を眺めていても、想像力が働かなくて

ただの文字としてしか頭に入ってきません。
 

これでは、ただの暗記であって

知識にはなっていないのです。
 

にもかかわらず、ほとんどの社会の参考書は

大事なポイントが文字でまとめてあるばかり。

社会が苦手な人にとっては、マジ苦痛ですよねw
 

と、まぁ

参考書を眺めてばかりで

一向に理解が深まらなかった私は

社会の学習を半ば諦めていました。

 

しかし

ちょっと学習する方向性を変えてみました。

すると!

楽しいくらいに理解が深まるようになってきました。

参考書では学ぶことができなかった

深い部分までの理解、そして知識のつながりが

頭の中にすっと入ってくるようになったのです。

 
理解が深まってくると、学ぶ意欲も高まり

どんどんと積極的に社会を学ぶようになりました。

こうなってくると、参考書に書いてあった

今まではただの文字としてしか認識できなかった情報も

サクサクと理解できるようになってきました。

まさに相乗効果!って感じですね(^^)

 
さて!

私は、参考書を解きまくるという学習方法から

新しい学習方法に切り替えたことで結果が出始めたわけですが

その新しい学習方法とは…??

 

社会を聴く!!

 

という学習方法です。

こちらのスタディサプリという学習コンテンツを利用して

社会の授業を聴くことにしました。

スタディサプリとは


 
プロの社会講師が授業をしているので

話が面白い!!

雑学的な感じで、いろんな知識を話してくれるので

どんどんと興味がわいてきて

知識欲が深まってきます。

 
その結果

社会の知識が身についてくるし

社会のことが好きになってきます(^^)


この状態にまでなると

あとは、いろんな参考書を

1人で読んでいても勉強が苦ではありません。

 

  社会が苦手だ…

どうしても覚えられない…

でも、なんとかしないといけない…

そんな悩みを抱えている方がおられましたら

私が社会を好きになるきっかけをくれた

スタディサプリを試してみるといいですよ!
 
今なら14日間の無料体験ができるようですので

まずは、社会を聴く!の効果をお試しください(^^)

スタディサプリの詳細はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です