【中学地理】ヨーロッパ州の宗教と分布は?民族や地域ごとに考えてみよう!

ヨーロッパ州の宗教は、主にキリスト教です。

 

ただし、キリスト教と一言で言ってもその中には

カトリック、プロテスタント、正教会

3つの宗派があります。

 

今回の記事では

ヨーロッパの多くの国で信仰されているキリスト教

3つの宗派はどのように分布しているのか。

また、その歴史的な背景も含めて説明します。

 

更に、ヨーロッパの民族と宗教との関連を考えてみましょう。

民族と宗教の分布を関連づけて覚えると、わかりやすくなるんだ!

キリスト教は3つの宗派に分かれる

キリスト教には、カトリック、プロテスタント、正教会(ギリシャ正教)の3つの宗派があります。

 

もともとは1つにまとまっていたんだけれど

長い歴史の中で分裂していくことになります。

 

古代のヨーロッパにはローマ帝国という強大な国が存在していました。

しかし、このローマ帝国は395年に西ローマ帝国と東ローマ帝国に分裂します。

 

そして、11世紀にはキリスト教も分裂することになったんだ。

西ローマ帝国のカトリックに対して、東ローマ帝国は正教会として分裂します。

このとき西ローマ帝国を中心として分裂していった教派を西方教会、東ローマ帝国を中心とした教派を東方教会ともいいます。

 

 

さらに、16世紀には宗教改革が起こりました。

 

当時、カトリックは勢力を強めており

「免罪符を買うことですべてが許されますよー」

みたいな感じで、お金儲けに走るような行動をとっていました。

 

 

これに対して

カトリックは腐敗しているぞ!!

と、不満を抱いていた人たちが中心となり

カトリックとの対立として、プロテスタントが新たに誕生します。

ドイツで始まった宗教改革の運動はその後、主にヨーロッパの北部へ広まっていきました。

なので、今でもヨーロッパ北部ではプロテスタントが多く分布しています。

 

 

ちなみに、宗教改革によって生まれたプロテスタントを新教、それに対してカトリックを旧教とも呼びますが、これは日本での言い方なんだ。

 

まぁ、同じキリスト教でも、考え方などに違いがあったということだね。

 

というわけで、ヨーロッパの宗教はおおまかな分布として、

北部にプロテスタント、南部にカトリック、そして東部に正教会という感じで分かれています。

スポンサーリンク

ヨーロッパの宗教と民族の分布の関連は?

実は、ヨーロッパにおける宗教の分布は、民族の分布とよく似ているんです。

 

宗教改革の始まったドイツはゲルマン民族の国ですが、

プロテスタントは同じゲルマン民族が多い、ヨーロッパの北部に分布しています。

 

それに対して、ローマ法王を中心とするカトリックは、ラテン民族の多い、ヨーロッパの南部に分布しています。

 

東ローマ帝国の宗教だった正教会は、ヨーロッパ東部に分布していますが、この東部にはスラブ民族が多いのです。

 

ただし、宗教の分布と民族の分布は、完全には一致していないので注意が必要なんだ!

 

少し詳しくなるけれど、ドイツにはプロテスタントに対して、南部を中心にカトリック信者も多くいて、国全体の割合では半々ぐらいになっています。

 

また、スラブ民族が多い東ヨーロッパの国でも、西の方に位置するポーランドやチェコはカトリックが多くなっているんだね。

 

南ヨーロッパでも、最も東に位置するギリシャは正教会(ギリシャ正教)だ。

 

このような例外もあるけれど、

おおまかには、北部ゲルマン民族はプロテスタント、南部ラテン民族はカトリック、東部スラブ民族は正教会と覚えておこう。

ヨーロッパにイスラム教の国がある?

ここで、ちょっと補足をしておくと、

例外中の例外として、ヨーロッパにイスラム教の国があるんだ!

 

それは東ヨーロッパにあるアルバニアという国なんだね。

 

その理由は、かつて強大な勢力を誇ったオスマントルコ帝国が、ヨーロッパに領土を広げた時代。

トルコ人の影響でイスラム教に改宗した人がいて、その人たちが多く残っているのがアルバニアという国なんだ。

 

というわけで、ヨーロッパにも実はイスラム教の国があるということも、頭の中に入れておくといいね。

ヨーロッパ州の宗教分布まとめ

ヨーロッパの宗教の分布をまとめると

そのポイントは、民族の分布との関連で押さえるのがわかりやすいということになります。

 

というわけで、

北部、南部、東部とおおまかにヨーロッパを区分して、

3つの宗派、3つの民族の分布を押さえるようにしよう。

ヨーロッパ宗教まとめ!

ヨーロッパでは主にキリスト教が信仰されており、主にカトリック、プロテスタント、正教会の3つの宗派に分かれている。

ゲルマン民族が多いヨーロッパ北部では、プロテスタント。

ラテン民族の多いヨーロッパの南部では、カトリック。

スラブ民族の多いヨーロッパの東部では、正教会。

 

スポンサーリンク
社会の勉強が苦手だ!

とにかく覚えられない。

参考書を読んでいても頭に入ってこないんだよ!


 

こんな悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか。

私はめちゃくちゃ社会が苦手なので

こういった悩みにすっごく共感できます(^^;)
 

参考書に載っている用語を覚えなくちゃいけない。

それは理解しているんだけど…

山の名前、国の名前、偉人の名前…

参考書を眺めていても、想像力が働かなくて

ただの文字としてしか頭に入ってきません。
 

これでは、ただの暗記であって

知識にはなっていないのです。
 

にもかかわらず、ほとんどの社会の参考書は

大事なポイントが文字でまとめてあるばかり。

社会が苦手な人にとっては、マジ苦痛ですよねw
 

と、まぁ

参考書を眺めてばかりで

一向に理解が深まらなかった私は

社会の学習を半ば諦めていました。

 

しかし

ちょっと学習する方向性を変えてみました。

すると!

楽しいくらいに理解が深まるようになってきました。

参考書では学ぶことができなかった

深い部分までの理解、そして知識のつながりが

頭の中にすっと入ってくるようになったのです。

 
理解が深まってくると、学ぶ意欲も高まり

どんどんと積極的に社会を学ぶようになりました。

こうなってくると、参考書に書いてあった

今まではただの文字としてしか認識できなかった情報も

サクサクと理解できるようになってきました。

まさに相乗効果!って感じですね(^^)

 
さて!

私は、参考書を解きまくるという学習方法から

新しい学習方法に切り替えたことで結果が出始めたわけですが

その新しい学習方法とは…??

 

社会を聴く!!

 

という学習方法です。

こちらのスタディサプリという学習コンテンツを利用して

社会の授業を聴くことにしました。

スタディサプリとは


 
プロの社会講師が授業をしているので

話が面白い!!

雑学的な感じで、いろんな知識を話してくれるので

どんどんと興味がわいてきて

知識欲が深まってきます。

 
その結果

社会の知識が身についてくるし

社会のことが好きになってきます(^^)


この状態にまでなると

あとは、いろんな参考書を

1人で読んでいても勉強が苦ではありません。

 

  社会が苦手だ…

どうしても覚えられない…

でも、なんとかしないといけない…

そんな悩みを抱えている方がおられましたら

私が社会を好きになるきっかけをくれた

スタディサプリを試してみるといいですよ!
 
今なら14日間の無料体験ができるようですので

まずは、社会を聴く!の効果をお試しください(^^)

スタディサプリの詳細はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です