【中学公民】市場経済とは?需要、供給曲線をわかりやすく解説!

みなさんは、市場の仕組みや価格の決まり方を知っているかな?

私たちの社会では、お店の商品やサービスには価格がついているね。

では、ものの価格はどのようにして決まって、価格にはどんなはたらきがあるのかな?

今回は、市場経済や価格の決まり方をわかりやすく解説していくぞ。

市場とは?

まずは、「市場」という言葉を整理しておきます。

この字には、「いちば」と「しじょう」の2つの読み方があるよ。

 

「いちば」は、業者がものを売り買いするところ。

野菜、果物、魚などは「いちば」で取引され、せりによって価格が決まっていくよ。

 

「しじょう」は、もの・サービスが売り買いされるところ。

売り手と買い手の関係で価格がどんどん変化していくんだ。

株式の売買が行われる株式市場、世界の通貨を売買する外国為替市場などがあるよ。

スポンサーリンク

市場経済とは?

ここでは、生産者の立場になって考えてみよう。

生産者からすると、商品をどのくらい生産すればいいかを考えなければならないね。

価格が高い商品は消費者が欲しがっているものだから多めに生産して、価格が安いものは消費者にとって十分足りているものだから少なめに生産しようとするでしょう。

 

でも、生産量を変えるためには、材料や労働力などの使い方を変える必要がでてきます。

価格が上がったり下がったりすることが合図になって、いろいろな資源の使われ方が調整されているんだ。

 

このように、市場を通して財やサービスが自由に売り買いされる仕組みを市場経済というよ。

現在、市場経済は、世界のほとんどの国で経済の基本的な仕組みになっているんだ。

価格とは?

どうして、財やサービスには価格がついているのかな?

できることなら、好きなものを欲しい分だけ手に入れられたらうれしいよね。

でも、これは現実的にはむずかしいね…

 

私たちが望んでいる量に比べると実際には、はるかに少ないのです。

だから、ものに価格をつけて、その価格で売りたいと思う人がものをつくり、その分のお金を払ってもいいと思う人が買っていく仕組みができあがったんだ。

需要と供給とは?

買いたい人が商品を買おうとすることを需要、売りたい人が商品を市場に出すことを供給というよ。

売り買いが自由にできる市場のなかで、需要と供給の関係で決まっていく価格を市場価格というんだ。

 

また、消費者が価格を見て買おうとする量を需要量、生産者が価格を見て売ろうとする量を供給量といいます。

需要量と供給量がつり合って、生産者も消費者も希望通りに取引できる価格を均衡価格というよ。

均衡価格は市場価格の1つだよ。

需要曲線と供給曲線とは?

価格の決まり方は図で理解することが大切だから、まずは図の見方と2つの曲線をしっかり確認しよう!

 

図の見方

図には横軸と縦軸、2つの曲線があるよ。

横軸は数量を表していて、右にいくほど数量が多くなります。

縦軸は価格を表していて、上にいくほど価格が高くなります。

 

需要量の動き

需要量と価格の関係を示したのが需要曲線。

買いたい量によって価格が変化していくんだ。

価格が高ければ需要が減り、価格が安ければ需要が増えるので、右下がりの曲線になるよ。

 

供給量の動き

供給量と価格の関係を示したのが供給曲線。

売りたい量によって価格が変化していくよ。

価格が高ければ供給量を増やし、安ければ供給を減らすので、右上がりの曲線になるんだ。

 

価格の決まり方は?

需要曲線と供給曲線を重ね合わせると1つの交点ができます。

交点は常に変化していて、需要量と供給量が調整されて、最終的にピタッと一致するよ。

この需要量と供給量が一致した交点で価格が決まり、この価格のことを均衡価格というんだ。

 

需要曲線や供給曲線が変化すると、価格が上がったり下がったりするよ。

均衡価格が決まる4つのパターンをしっかりおさえよう!

【需要量が増えたら】

需要量が増えると、需要曲線は右に動いて、均衡価格は上がるよ。

需要量が増える理由は、収入の増加、人口の増加、商品の人気が高まることなど。

 

【需要量が減ったら】

需要量が減ると、需要曲線は左に動いて、均衡価格は下がるよ。

需要量が減る理由は、収入の減少、商品の人気が無くなることなど。

 

【供給量が増えたら】

供給量が増えると、供給曲線が右に動いて、均衡価格は下がるよ。

供給量が増える理由は、原材料の価格が安くなる、労働賃金が下がることなど。

 

【供給量が減ったら】

供給量が減ると、供給曲線が左に動いて、均衡価格は上がるよ。

供給量が減る理由は、天候不順で野菜が不作になる、工場が生産を中止することなど。

需要量=供給量均衡価格
需要量<供給量価格は下がる
需要量>供給量価格は上がる

市場経済まとめ!

市場経済の仕組みや価格の決まり方について解説してきました。

特に、均衡価格が決まる4つのパターンは図でよく確認しておこう。

テストに出題されることがあるから、しっかり復習しましょう!

スポンサーリンク



社会の勉強が苦手だ!

とにかく覚えられない。

参考書を読んでいても頭に入ってこないんだよ!


 

こんな悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか。

私はめちゃくちゃ社会が苦手なので

こういった悩みにすっごく共感できます(^^;)
 

参考書に載っている用語を覚えなくちゃいけない。

それは理解しているんだけど…

山の名前、国の名前、偉人の名前…

参考書を眺めていても、想像力が働かなくて

ただの文字としてしか頭に入ってきません。
 

これでは、ただの暗記であって

知識にはなっていないのです。
 

にもかかわらず、ほとんどの社会の参考書は

大事なポイントが文字でまとめてあるばかり。

社会が苦手な人にとっては、マジ苦痛ですよねw
 

と、まぁ

参考書を眺めてばかりで

一向に理解が深まらなかった私は

社会の学習を半ば諦めていました。

 

しかし

ちょっと学習する方向性を変えてみました。

すると!

楽しいくらいに理解が深まるようになってきました。

参考書では学ぶことができなかった

深い部分までの理解、そして知識のつながりが

頭の中にすっと入ってくるようになったのです。

 
理解が深まってくると、学ぶ意欲も高まり

どんどんと積極的に社会を学ぶようになりました。

こうなってくると、参考書に書いてあった

今まではただの文字としてしか認識できなかった情報も

サクサクと理解できるようになってきました。

まさに相乗効果!って感じですね(^^)

 
さて!

私は、参考書を解きまくるという学習方法から

新しい学習方法に切り替えたことで結果が出始めたわけですが

その新しい学習方法とは…??

 

社会を聴く!!

 

という学習方法です。

こちらのスタディサプリという学習コンテンツを利用して

社会の授業を聴くことにしました。

スタディサプリとは


 
プロの社会講師が授業をしているので

話が面白い!!

雑学的な感じで、いろんな知識を話してくれるので

どんどんと興味がわいてきて

知識欲が深まってきます。

 
その結果

社会の知識が身についてくるし

社会のことが好きになってきます(^^)


この状態にまでなると

あとは、いろんな参考書を

1人で読んでいても勉強が苦ではありません。

 

  社会が苦手だ…

どうしても覚えられない…

でも、なんとかしないといけない…

そんな悩みを抱えている方がおられましたら

私が社会を好きになるきっかけをくれた

スタディサプリを試してみるといいですよ!
 
今なら14日間の無料体験ができるようですので

まずは、社会を聴く!の効果をお試しください(^^)

スタディサプリの詳細はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です