【中学地理】領海と排他的経済水域の違いは??

中学地理の学習でよく出てくる言葉に、領海排他的経済水域という海に関する言葉があります。

 

周りを海に囲まれている日本では、よく使われる言葉なので、しっかりと違いを押さえておこう!

 

領海は、海に面している国の領域の一部で、領土と同じく国家の主権が及ぶ範囲の海域です。沿岸から12カイリまでの範囲が設定されています。

排他的経済水域は、領海の外側の部分で、沿岸の国に魚類などの生物資源や海底資源などの開発と管理に関する権利が認められている海域です。沿岸から200カイリまでの範囲で領海を除いた部分です

出典:海上保安庁ホームページ

領海と排他的経済水域の違い

領海とは、国家の主権が及ぶ範囲のことで沿岸から12カイリ以内に設定されている。

排他的経済水域とは、沿岸国が生物資源や海底資源などを利用する権利をもつ海域のことで、沿岸から200カイリ以内に設定されている。

 

領海をもう少し詳しく説明すると

領海は領土と同じように国家の主権が及ぶ領域の範囲ですが、この場合の主権というのは、他国の支配を受けないという意味で、独立国の条件になっている主権です。

 

沿岸から12カイリまでの範囲ですが、1カイリ(海里)は1.852kmなので約22kmということになります。

 

領海といっても、貿易などでやって来る船も多いので、通常は無害通航権といって、沿岸国の利益を害さなければ外国の船は自由に航行できることになっているんだ。

排他的経済水域をもう少し詳しく説明すると

経済水域とも言いますが、排他的を前に付けるのが正式名称です。

沿岸国に生物資源や鉱物資源の開発、保存、管理の権利が認められているので、この水域の魚や海底資源は沿岸国のものだと考えてよいわけなんだ。

 

ただ、他国はこの海域では自由に航行できる他、海底パイプラインや海底ケーブルを敷設したり、この上空を飛行したりすることは可能です。

 

領海の外側で、沿岸から200カイリ、約370kmまでの範囲になりますが、この範囲は領海とともに、国連の海洋法条約によって決められたものです。

日本は島国で、多くの島の存在がこの排他的経済水域の面積を非常に大きくしており、447万㎢と世界で6番目の広さがあります。

接続水域とはどんな水域

領海と排他的経済水域以外に、もう一つ接続水域という言葉もあるので、これも説明しておくよ。

 

この接続水域というのは、排他的経済水域の中で領海のすぐ外側の12カイリの範囲で、沿岸から12カイリ~24カイリの間の水域です。

 

どのような水域かというと、沿岸国が関税や衛生、警察などの権限を行使できる水域で、実際には密輸や密入国の取り締まりなどが実施されています。

領海、排他的経済水域の違いまとめ!

それでは、最後に領海と排他的経済水域の違いをもう一度整理しておきましょう。

 

領海は、

海に面している国における領域の一部を占め、国家の主権が及ぶ範囲の海域。

沿岸から12カイリまでの範囲が設定されています。

 

排他的経済水域は、

領海の外側の部分で、沿岸の国に生物資源や海底資源などの開発と管理に関する権利が認められている海域。

沿岸から200カイリまでの範囲で領海を除いた部分です。

 

スポンサーリンク



社会の勉強が苦手だ!

とにかく覚えられない。

参考書を読んでいても頭に入ってこないんだよ!


 

こんな悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか。

私はめちゃくちゃ社会が苦手なので

こういった悩みにすっごく共感できます(^^;)
 

参考書に載っている用語を覚えなくちゃいけない。

それは理解しているんだけど…

山の名前、国の名前、偉人の名前…

参考書を眺めていても、想像力が働かなくて

ただの文字としてしか頭に入ってきません。
 

これでは、ただの暗記であって

知識にはなっていないのです。
 

にもかかわらず、ほとんどの社会の参考書は

大事なポイントが文字でまとめてあるばかり。

社会が苦手な人にとっては、マジ苦痛ですよねw
 

と、まぁ

参考書を眺めてばかりで

一向に理解が深まらなかった私は

社会の学習を半ば諦めていました。

 

しかし

ちょっと学習する方向性を変えてみました。

すると!

楽しいくらいに理解が深まるようになってきました。

参考書では学ぶことができなかった

深い部分までの理解、そして知識のつながりが

頭の中にすっと入ってくるようになったのです。

 
理解が深まってくると、学ぶ意欲も高まり

どんどんと積極的に社会を学ぶようになりました。

こうなってくると、参考書に書いてあった

今まではただの文字としてしか認識できなかった情報も

サクサクと理解できるようになってきました。

まさに相乗効果!って感じですね(^^)

 
さて!

私は、参考書を解きまくるという学習方法から

新しい学習方法に切り替えたことで結果が出始めたわけですが

その新しい学習方法とは…??

 

社会を聴く!!

 

という学習方法です。

こちらのスタディサプリという学習コンテンツを利用して

社会の授業を聴くことにしました。

スタディサプリとは


 
プロの社会講師が授業をしているので

話が面白い!!

雑学的な感じで、いろんな知識を話してくれるので

どんどんと興味がわいてきて

知識欲が深まってきます。

 
その結果

社会の知識が身についてくるし

社会のことが好きになってきます(^^)


この状態にまでなると

あとは、いろんな参考書を

1人で読んでいても勉強が苦ではありません。

 

  社会が苦手だ…

どうしても覚えられない…

でも、なんとかしないといけない…

そんな悩みを抱えている方がおられましたら

私が社会を好きになるきっかけをくれた

スタディサプリを試してみるといいですよ!
 
今なら14日間の無料体験ができるようですので

まずは、社会を聴く!の効果をお試しください(^^)

スタディサプリの詳細はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です