【北アメリカ】サンベルトってなに?シリコンバレーとの違いを解説!

アメリカ合衆国の工業の説明でよく出てくる言葉にサンベルトシリコンバレーがあります。

 

どちらも先端技術産業に関連した地域の名称なんだけれど

サンベルトとシリコンバレーの違いが分からん!!

という人もいるかもしれないね!

 

そこで、今回はこのサンベルトとシリコンバレーの違いがはっきりわかるように、順番に解説していくよ。

 

さらに、アメリカ合衆国の先端技術産業に関して

上記の2つ以外にも覚えておきたい地域があります。

これらについても解説をしていくので、合わせて覚えていきましょう!

サンベルトとはどんな地域?

アメリカ合衆国で先端技術産業の集積地が多い、北緯37度より南の温暖な地域をサンベルトと呼びます。

原料が豊富で労働力のコストも低い新興国では、鉄鋼業などの重工業の生産が伸びてきました。

すると、アメリカでは鉄鋼業などに変わって

電子工業や航空宇宙産業、情報産業などの先端技術産業に力を入れるようになりました。

 

それまで工業の中心であった北部の五大湖沿岸から大西洋岸にかけての地域は、新しい工場や企業が進出する場所がなく、労働賃金の高い地域でもあったので、先端技術産業の関連企業は広い土地が多く残っている南部へ進出していったのです。

 

緯度の低い南部は太陽高度が高く温暖で、土地の価格も安かったのです。

さらに北部より低賃金の豊富な労働力がありました。

サンベルトという名称は太陽の降りそそぐ温かい地域というイメージから名付けられました。

 

そして、テキサス州の油田や天然ガス田、カリフォルニア州の油田というように、エネルギー資源に恵まれていたことも有利な条件だったんだ。

 

企業とともに研究者も南部へ移り、研究機関と連携して先端技術産業が発展していったというわけだ。

 

太陽降りそそぐ温暖な南部地域、先端技術産業の集積地域がいくつもあるのがサンベルトです。

スポンサーリンク

シリコンバレーは世界初の先端技術産業集積地でサンベルトの一部

サンベルトの中でも、特に有名な先端技術産業の集積地

それがシリコンバレーです。

世界で最初にこの産業が集積した地域でもあります。

 

西海岸カリフォルニア州のサンフランシスコ郊外にあるサンノゼという町にシリコンバレーはあります。

先端技術産業の一つであるICT(情報通信技術)関連の企業が多く集中し、ソフトウエアの開発などを大学や研究機関との連携で行っています。

研究者も日本を含むアジアやヨーロッパなど世界中から集っているのです。

 

ちなみにシリコンとは何かわかるかな?

 

シリコンとはIC(集積回路)の基板になる物質で、その基板に超小型の電子回路が多く埋め込まれています。

このICを部品に使ったパソコンやスマートフォンなど多くの電子製品を今私達が使っているわけだ。

電子部品であるICやそれを使った電子製品を作る工業を電子工業といいいます。

 

シリコンを材料とする電子工業が進出したこと

そして、この場所の地形が谷(英語でバレー)であったことが由来となりシリコンバレーと呼ばれるようになったというわけです。

ちなみに、シリコンバレーからは

日本でも有名なアップルやグーグルといった有名なIT企業が誕生しているんだよ。

 

 

というわけで、シリコンバレーは多くの企業が集まった、世界最初の先端技術産業集積地の名称であり、サンベルトの一角にある!ということを覚えておきましょう。

サンベルト、シリコンバレーの違い

先端技術産業の集積地が多い、北緯37度より南の温暖な地域全体をサンベルトと呼びます。

そのサンベルトの中でも、西海岸カリフォルニア州のサンフランシスコ郊外にある有名な先端技術産業の集積地をシリコンバレーといいます。

シリコンバレー以外の先端技術産業集積地は?

シリコンバレーは谷間ということもあって

企業がどんどん進出した結果

土地が満杯状態になってしまったんだ。

 

そこで、企業は土地を求めて他の場所に進出

各地に新しい先端技術産業集積地ができていきました。

 

例をあげると、南部テキサス州には、シリコンプレーンと呼ばれる地域があります。

平原地帯の中に位置するダラスという都市を中心にする地域で、電子工業や航空機工業が発達しています。

付近は油田地帯やガス田地帯でもあり、エネルギー資源が豊富であることも好条件になったのです。

 

サンベルトには他にも西部の砂漠地帯や

フロリダ半島にも先端技術産業集積地がありますが

これに対して、近年は北部の地域でも、巻き返しをはかるように発展してきた地域があるんだ。

それが、有名大学などの研究機関が揃う歴史ある都市ボストンを中心にした地域です。

このボストンもしっかり覚えておこう。

 

サンベルト、シリコンバレーまとめ!

サンベルトはアメリカ合衆国において、先端技術産業の集積地が多い北緯37度以南の温暖地域のこと。

温暖な気候、広くて安い土地、低賃金の豊富な労働力、豊富な原油・天然ガス(火力発電に使えるエネルギー資源)といった条件が企業の進出した理由としてあげられます。

 

そして、サンベルトの中でも西海岸カリフォルニア州のサンフランシスコ郊外にある有名な先端技術産業の集積地がシリコンバレーだ!

 

2つの言葉を混同しないようにしっかりと区別をつけておきましょう(^^)

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です