【中学公民】日本の選挙制度をわかりやすい図を使って解説!

みなさんは、日本の選挙制度を知っていますか?

小選挙区制、大選挙区制、比例代表制など

さまざまな選挙制度があるわけだけど

それぞれの制度って具体的にどんな内容なのか

そして、どんな長所や短所があるか分かるかな??

 

今回は、日本の選挙制度について詳しく解説していくよ!

日本の選挙制度をそれぞれ解説!

日本の選挙の方法は、公職選挙法という法律で決められているんだ。

この法律で投票時間、選挙区、禁止事項などを定めています。

それでは、選挙制度を詳しく解説していくよ!

大選挙区制とは

大選挙区制は、1つの選挙区から2人以上を選ぶ制度です。

地方議会議員選挙で採用されているよ。

都道府県や市町村を1つの選挙区として投票を行うんだ。

 

この制度は死票が少ないことが大きな特徴です。

死票とは、落選者に投票した票のこと。

大選挙区制では複数の人が当選するから、死票が少ないんだ。

 

複数の人が当選できるから、人数の少ない小さな政党からでも当選できます。

たくさんの政党の中から、自分に合った政党を選んで投票できるんだ。

しかし、政党がありすぎると政治が不安定になりやすいこともあります。

小選挙区制とは

小選挙区制は、1つの選挙区から1人を選ぶ制度です。

衆議院議員選挙で採用されているよ。

 

衆議院議員選挙は、各都道府県に複数の選挙区を設けて選挙を行います。

選挙区は人口に応じて区分けされるんだ。

次の選挙からは、全国289の選挙区で行われます。

 

1つの選挙区が小さいから、選挙費用が安く抑えられます。

立候補者と有権者の距離が近くなり、細かい選挙運動ができるんだ。

だから、大政党に有利になって政治が安定するよ。

 

小選挙区制は1人しか当選しないから、死票が多いのが特徴です。

少数意見が反映されにくい制度なんだ。

スポンサーリンク

比例代表制とは

比例代表制は、政党の得票数に応じて、政党に議席を配分する制度です。

投票するときは、政党名もしくは立候補者名を記入します。

衆議院議員選挙や参議院議員選挙で採用されているよ。

 

政党の得票数に応じて議席を配分するってどういうことなのかな?

どうやって当選者を決めているのかな?

その方法がドント式です。

ドント式の方法を簡単に紹介するよ。

テストで出題されることがあるから、しっかり覚えておこう!

ドント式の考え方手順
  1. 定数(当選する人数)を確認
  2. 表をつくる
  3. それぞれの政党の得票数を÷1、÷2、÷3、…のように整数で割る
  4. 計算の答えの大きい順に定数の数まで配分

【例 A選挙区(定数3)】

X党Y党Z党
得票数600票350票150票
÷1600 ➊350 ➋150
÷2300 ➌17575
÷320011650
当選者数2人1人0人

A選挙区は定数が3で、3つの政党がいます。

得票数を÷1、÷2、÷3の計算をします。(計算ミス要注意!!)

答えの大きい順に1位、2位、3位を決めて、当選者を確定します。

今回は、X党1人、Y党2人、Z党0人という結果になりました。

 

小選挙区制に比べると死票が少ないことが特徴です。

国民のさまざまな意見が反映されやすいですが、議会に責任ある多数派ができにくいともいわれているんだ。

多くの政党があることは、政策を選んで投票できます。

しかし、政党が乱立してしまうと、政治が不安定になりやすいです。

小選挙区比例代表並立制とは

小選挙区比例代表並立制は、小選挙区制と比例代表制を組み合わせた制度です。

衆議院議員選挙で採用されているよ。

小選挙区制(定数289)と比例代表制(定数180)で行われます。

比例代表制では、全国を11のブロックに分けて投票されます。

有権者は、小選挙区と比例代表にそれぞれ一票ずつ投票します。

 

日本の選挙制度の特徴比較!

ここまでみてきた大選挙区制、小選挙区制、比例代表制は理解できましたか?

それぞれの制度を表でまとめたよ。

長所と短所を比較しよう!

長所短所
大選挙区制
  • 死票が少ない
  • 小政党からも当選できる
  • 選挙費用が多額になりやすい
  • 小政党が多く政治が不安定になりやすい
小選挙区制
  • 選挙費用が安く抑えられる
  • 大政党に有利で政治が安定しやすい
  • 有権者が立候補者をよく知ることができる
  • 死票が多く少数意見が反映されにくい
  • 小政党に不利
  • 国よりも地域の利益を重視する立候補者が当選されやすい
比例代表制
  • 死票が少ない
  • 政党を選択するため政策本位の選挙になる
  • 多くの政党が乱立し政治が不安定になる
  • 政党に属していない人は立候補できない

 

日本の選挙制度まとめ!

選挙制度の特徴は理解できましたか?

大選挙区制、小選挙区制、比例代表制を比較して覚えてくださいね。

それぞれの長所や短所をしっかり確認しましょう!

 

スポンサーリンク



社会の勉強が苦手だ!

とにかく覚えられない。

参考書を読んでいても頭に入ってこないんだよ!


 

こんな悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか。

私はめちゃくちゃ社会が苦手なので

こういった悩みにすっごく共感できます(^^;)
 

参考書に載っている用語を覚えなくちゃいけない。

それは理解しているんだけど…

山の名前、国の名前、偉人の名前…

参考書を眺めていても、想像力が働かなくて

ただの文字としてしか頭に入ってきません。
 

これでは、ただの暗記であって

知識にはなっていないのです。
 

にもかかわらず、ほとんどの社会の参考書は

大事なポイントが文字でまとめてあるばかり。

社会が苦手な人にとっては、マジ苦痛ですよねw
 

と、まぁ

参考書を眺めてばかりで

一向に理解が深まらなかった私は

社会の学習を半ば諦めていました。

 

しかし

ちょっと学習する方向性を変えてみました。

すると!

楽しいくらいに理解が深まるようになってきました。

参考書では学ぶことができなかった

深い部分までの理解、そして知識のつながりが

頭の中にすっと入ってくるようになったのです。

 
理解が深まってくると、学ぶ意欲も高まり

どんどんと積極的に社会を学ぶようになりました。

こうなってくると、参考書に書いてあった

今まではただの文字としてしか認識できなかった情報も

サクサクと理解できるようになってきました。

まさに相乗効果!って感じですね(^^)

 
さて!

私は、参考書を解きまくるという学習方法から

新しい学習方法に切り替えたことで結果が出始めたわけですが

その新しい学習方法とは…??

 

社会を聴く!!

 

という学習方法です。

こちらのスタディサプリという学習コンテンツを利用して

社会の授業を聴くことにしました。

スタディサプリとは


 
プロの社会講師が授業をしているので

話が面白い!!

雑学的な感じで、いろんな知識を話してくれるので

どんどんと興味がわいてきて

知識欲が深まってきます。

 
その結果

社会の知識が身についてくるし

社会のことが好きになってきます(^^)


この状態にまでなると

あとは、いろんな参考書を

1人で読んでいても勉強が苦ではありません。

 

  社会が苦手だ…

どうしても覚えられない…

でも、なんとかしないといけない…

そんな悩みを抱えている方がおられましたら

私が社会を好きになるきっかけをくれた

スタディサプリを試してみるといいですよ!
 
今なら14日間の無料体験ができるようですので

まずは、社会を聴く!の効果をお試しください(^^)

スタディサプリの詳細はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です