【中学歴史】空海がしたこと、出来事についてのまとめ!

今回の記事では、「空海(くうかい)」のしたこと、出来事について中学生向けにまとめていきます。

空海といえば、平安時代に新しい仏教を広めた人物として有名ですね。

「空海は高野山(こうやさん)金剛峯寺(こんごうぶじ)を建て、真言宗(しんごんしゅう)を広めた。」

テストにおいては上の一文だけを覚えておけば事足りるかもしれません。

しかし、空海という人物は真言宗を広めた以外にもたくさんの功績が残っています。

 

今回の記事では空海という人物について、ちょっぴり深掘りしていきましょう。

ザックリとまとめておくとこんな感じです。

引用:wikipedia

空海(774~835年)

  • 遣唐使として、唐で仏教を学ぶ
  • 高野山の金剛峯寺にて真言宗を広めていった
  • 最澄との違いに注意
  • 讃岐にため池を直して人助け
  • 庶民のための学校も作った
  • 弘法も筆の誤りとは空海のこと!

 

空海は遣唐使として学び、真言宗を広める

804年、空海は 遣唐使として中国に渡り

そこで最先端の仏教を学びました。

 

空海は大変に頭がよく

わずかな期間であらゆる学びを得て

日本へと帰国することとなります。

 

すると、当時の天皇であった

嵯峨天皇が空海を重用してくれます。

空海は大変に優秀な人物であったため

中国から帰国したときにはたくさんの注目と期待が集められていたんだって。

 

そのこともあって空海は

高野山金剛峯寺を建てて、真言宗を広めていくこととなりました。

このキーワードはテストに頻出だから絶対に覚えておこう!

 

また、このとき空海と同じくして

中国に渡っていた最澄(さいちょう)が一足先に日本に戻り

比叡山(ひえいざん)延暦寺(えんりゃくじ)を建てて、天台宗(てんだいしゅう)を広めていました。

 

最澄空海
宗派天台宗真言宗
道場比叡山延暦寺高野山金剛峰寺

2人に関するキーワードの対比はテストでも問われやすいポイントだから、しっかりと覚えておきましょう。

 

ちなみに、空海が広めた真言宗とは

今までの仏教とは形が大きく異なり、政治に口出しをしたりするのではなく

山にこもって厳しい修行をすることで、災いや病気などを取り除くことができるという考え方でした。

 

政治に口出しをしない…

こういった点が朝廷としては非常にありがたかったでしょうね。

これまでは仏教勢にいろいろとかき乱されてきましたから…

嵯峨天皇が空海を重用したのには

こういった「都合がいい」という思惑もあったのかもしれません。

スポンサーリンク

空海は仏教だけじゃない、人助けの功績も素晴らしい!

空海といえば仏教の人というイメージが強いですが

真言宗を広めたという他にも

たくさんの功績を残しています。

 

例えば、ため池づくりがその1つに挙げられます。

現在の香川県にあたる讃岐国。

ここは空海の出身地でもあります。

 

この讃岐国では水不足が深刻な問題となっていました。

このことを不憫に思っていた空海は

唐で学んできた土木技術を用いて、満濃池(まんのういけ)と呼ばれる人口のため池を修復したのです。

 

仏教だけじゃなくて、土木技術も学んでいたなんて…

空海の優秀さがよく分かるエピソードですね。

 

他にも、空海は庶民のための学校を作っています。

これは日本では初めての庶民向けの学校だったようです。

 

このように空海は真言宗を広めたという以外にも

とにかく庶民のためにと行動をし続けていたのです。

 

「弘法も筆の誤り」とは空海のことだった!

「弘法も筆の誤り」

という言葉は聞いたことがあるでしょうか?

書の名人であった弘法大師でも、ときには失敗もする。

ということで、どんだけ腕の立つ人でも失敗はあるよね~っていう意味です。

 

実は、この弘法大師とは空海のことを指しているのです。

弘法大師とは、空海の死後に天皇から授かったおくり名のことなのです。

 

空海は書の腕も素晴らしかったんだってさ!

 

超優秀な上に、書までも達人級のレベル…

さらには語学が堪能で彫刻や画なども上手かったらしい。

そして、庶民のために行動し続ける精神…

 

んー、非の打ちどころがないっすなぁ

まとめ!

以上、空海のやったこと、出来事についてのまとめでした。

大事なキーワードをまとめておきましょう。

  • 最澄とともに遣唐使として中国で学ぶ
  • 空海は高野山の金剛峯寺で真言宗
  • 最澄は比叡山の延暦寺で天台宗
  • 讃岐のため池を修理、庶民の学校を作るなど人助け
  • 弘法大師というおくり名を持ち、非常に多才であった

 

スポンサーリンク



社会の勉強が苦手だ!

とにかく覚えられない。

参考書を読んでいても頭に入ってこないんだよ!


 

こんな悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか。

私はめちゃくちゃ社会が苦手なので

こういった悩みにすっごく共感できます(^^;)
 

参考書に載っている用語を覚えなくちゃいけない。

それは理解しているんだけど…

山の名前、国の名前、偉人の名前…

参考書を眺めていても、想像力が働かなくて

ただの文字としてしか頭に入ってきません。
 

これでは、ただの暗記であって

知識にはなっていないのです。
 

にもかかわらず、ほとんどの社会の参考書は

大事なポイントが文字でまとめてあるばかり。

社会が苦手な人にとっては、マジ苦痛ですよねw
 

と、まぁ

参考書を眺めてばかりで

一向に理解が深まらなかった私は

社会の学習を半ば諦めていました。

 

しかし

ちょっと学習する方向性を変えてみました。

すると!

楽しいくらいに理解が深まるようになってきました。

参考書では学ぶことができなかった

深い部分までの理解、そして知識のつながりが

頭の中にすっと入ってくるようになったのです。

 
理解が深まってくると、学ぶ意欲も高まり

どんどんと積極的に社会を学ぶようになりました。

こうなってくると、参考書に書いてあった

今まではただの文字としてしか認識できなかった情報も

サクサクと理解できるようになってきました。

まさに相乗効果!って感じですね(^^)

 
さて!

私は、参考書を解きまくるという学習方法から

新しい学習方法に切り替えたことで結果が出始めたわけですが

その新しい学習方法とは…??

 

社会を聴く!!

 

という学習方法です。

こちらのスタディサプリという学習コンテンツを利用して

社会の授業を聴くことにしました。

スタディサプリとは


 
プロの社会講師が授業をしているので

話が面白い!!

雑学的な感じで、いろんな知識を話してくれるので

どんどんと興味がわいてきて

知識欲が深まってきます。

 
その結果

社会の知識が身についてくるし

社会のことが好きになってきます(^^)


この状態にまでなると

あとは、いろんな参考書を

1人で読んでいても勉強が苦ではありません。

 

  社会が苦手だ…

どうしても覚えられない…

でも、なんとかしないといけない…

そんな悩みを抱えている方がおられましたら

私が社会を好きになるきっかけをくれた

スタディサプリを試してみるといいですよ!
 
今なら14日間の無料体験ができるようですので

まずは、社会を聴く!の効果をお試しください(^^)

スタディサプリの詳細はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です